ホーム » blog » 移住者の声:山本裕紀子さん

移住者の声:山本裕紀子さん

   |  | 0

 

2014年に奈良県から高浜に移住した山本裕紀子さん。web会社に勤務しながら、海の事故防止や救命処置を行う「ライフセーバー」としても活躍されています。今年9月にオランダで行われたライフセービングの世界大会では見事、銅メダルを獲得されました。そんな山本さんに、高浜での暮らしについてインタビューしました。

 

移住のきっかけ

 

2012年に事故に直面したのをきっかけに、ちゃんとライフセービングを学びたいと思い、まず愛知でライフセービングの講習を受けました。そして次の年に高浜で講習があったんですけど、そこで海のきれいさに衝撃を受けて。「なんじゃこりゃー!」って。今までサーフィンとかで色んな海に行ってたんですけど、こんなにきれいな海には出会ったことがなかったですね。そこから週末だけ高浜に通いだしたんですけど…だんだん行き来するのが面倒くさくなってきて。朝起きて海に行けないストレスも大きいし、海のある生活にずっと憧れてたのもあって、「…高浜住むか!」って。勢いもありましたけど。

 

 

今の仕事に就いたきっかけ

 

仕事はWEB系の仕事に絞って探してたんですけど、ネットショップをやってる会社がたまたま高浜にあって、面接に行きました。その時、ライフセービングで日本一になって、高浜に大会を誘致して、そこで優勝して地元を広めるという目標があったので…

「もし日本代表になったら、世界大会に行くのに2週間海外合宿とかでお休み頂くことになるんですけど、それ許してもった上で雇っていただけませんか」ってお願いしたら、「いいよ」って言ってもらえて!入社させてもらいました。自分がやってることって会社の理解がないとできない活動なので、すごくラッキーだったし、今のボスには大感謝してます。ほんとありがたい!

 

 

高浜暮らしの魅力と苦労

 

自分にとって海が一番の癒しなんで、朝起きて晴れてる日のあの青い海を見たら「高浜いいね~っ!」て思いますね。毎日海で波乗りして、朝日浴びて、夕日浴びて、最高やなって。あとは、こっちに来てから緑とか海とか見ながら仲間と一緒にご飯食べたり、鍋囲んだりすることに、すごく価値を感じるようになったかな。ご飯は大勢で食べたほうが美味しいし、寂しくないしね。高浜はいい人が多いですよね。よく玄関に野菜を置いて行ってくれたり、差し入れしてくれたり…みんな良くしてくれる。この前、すごい美味しい栗が置いてあって!心当たりのある人に聞いたけど、いまだに誰が置いてくれたのかわからんくて…(笑)その人にお礼を言いたい!

 

 

苦労というか心配事は、住む場所。意外にこの辺アパート高いんですよね。空き家も何件か探したけど若干家賃が高めで。今住んでる家の大家さんは、気持ち程度で大丈夫ですって言ってくれてすごく助かってるんですけど、この家に住めなくなったら…ていう不安はあります。収入に応じた住むところがあれば、踏ん張って、節約してできるけど、そのキャパを超えてしまうと、移住無理だね~ってなってしまう。だから寮みたいなのがあればいいな~って思いますね。

 

夢や今後やってみたいこと

 

ダイビングとか…やりたいことはいっぱいあって。でも一番はライフセービングの普及。もっと地元の子供たちに目を向けて、高浜の海の良さを伝えたり、ライフセービングの指導をしていきたいです。その子たちが10年後、高校生になったり、Uターンした時に、ライフセーバーとして海に立ってくれればいいなと思います。全部の浜にライフセーバーが立ってくれるといいですよね。その土台作りに携わっていきたいです。かつ自分も楽しみながら、自分のペースで。

 

 

あとは、青葉山の頂上から葉積島までワイヤーで繋げてターザンロープみたいなので渡れるやつ作りたい!青葉山登山して、オーシャンビューを見渡しながら一気に葉積島に行って、そこからサップで帰ってくる素晴らしいプラン!!夢です(笑)

 

移住を考える人にメッセージ

 

通ってみて、四季を見た方がいい。高浜の春のやさしさとか、夏の楽しさ、秋の美味しさ、冬の厳しさとか。私も住むまでに2年通ってたし、みんなすぐに決めてないと思います。それでなんか感じたら住んでみる。ただ、人のせいにしないこと。「来て来て」って言われて来たけど、いいとこじゃなかった~全然違ったみたいなのは筋違い。ここやったら私は何かできるとか、ここやったら私はこんな生き方ができそうって、自分で考えてここに来たって思わないとダメやと思います。とりあえず現地に足を運んでみてください~。

 

 

山本裕紀子さんの活躍はこちらから→https://yukikocean.com/author/yukikoyamamoto/

和田ライフセービングクラブの活動については→http://wakasawadalsc.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です