ホーム » blog » 漁師町イルミネーションを楽しむ夜ランニング

漁師町イルミネーションを楽しむ
夜ランニング

   |  | 0

スタートは夕方

 

こんにちは。ぼく、濱衛門(はまえもん)です。

 

12月も後半に入り、いよいよ冬本番ですね。こう寒くなると暖かい家の中にこもってしまいがちですが、こんな寒いときだからこそ、屋外でカラダを動かして、カラダを芯から温めましょう!!ということで、今回ご紹介する高浜町での過ごし方は、「ランニング」です。ランニングなんてドコでもできるじゃないか!?いえいえ、高浜町だからこそ、ランニングしながら楽しめるものがあるんですよ。それはまだ、ヒ・ミ・ツです。(←おもいっきりタイトルに書いてありますが…)

 

それでは、今回「ランニング」を紹介してくれる濱衛門ファミリーに登場してもらいます。

 

 

名里(なざと)さんです!パン屋を営みながら、地元小学生バスケットボールチームのコーチを務めたり、バンド活動もしたり、と幅広い分野で精力的に活動されている方です。それでは早速、ランニングスタートです!

今回は同行取材ということで、いつもランニングされている時間よりは少しはやめにスタートしてくれました。

(16:30頃のスタート)

 

 

 

名里さんのご自宅は海のすぐそばです。海沿いには写真のような細い路地が通っています。自動車が通ることはほとんど無いそうで、ランニングする道としてはもってこいのコースですね。写真の通り、波が道のすぐそばまできているので、波の音・潮の香りを楽しみながらランニングすることができます。もう少し暗い時間帯になると、ランニングしている方も結構いるそうですよ。上の2枚の写真がスタート時(16:30頃)の明るさです。参考までに。

 

これぞ「ザ・漁師町」というスポットをランニング

 

さきほどの海沿いの細い路地を抜けると、風景は一気に「漁師町」に様変わりします。道沿いには、漁で使う網やブイ(網の浮き)、その他の道具が所狭しと並んでいます。漁師小屋もあります。名里さんは、こういった漁師町の雰囲気を感じながら走るコースが好きだそうです。

 

 

 

これは蛸壺です。蛸壺の迷路のようなコースですね。よく見ると、「蛸壺の上にカバーをかけて、それを蛸壺でおさえる」といったよくわからない状況の蛸壺もあります。さぁ、いよいよ日が暮れてきました。夕焼けのタイミングで雲が無くなってきたので、綺麗な夕焼けが見られそうです!

 

ランニングは場所を選ばず何処でもできますが、この景色を見ながらのランニングとなると「高浜町」限定ですよね!さぁ高浜漁港を過ぎて、折り返し地点の城山公園に到着しました。

【城山公園】

↓↓城山公園の詳細情報はコチラから↓↓

http://www.wakasa-takahama.jp/file/hiking2.html

 

いよいよ漁師町イルミネーション

この写真は城山公園から事代(ことしろ)地区に向かって伸びている海沿いの細い路地です。道沿いがライトアップされていますね。「漁火(いさりび)」をイメージしているのでしょうか。

 

 

 

こちらは、高浜漁港近くから見た景色です。灯台や街灯のライトが素敵でしょう!濱衛門も知らなかったのですが、灯台のライトって色が様々あるのですね!同じ色だと、どの場所の灯台か判断できないからでしょうか。写真ではわかりにくいですが、沖の方では漁火がたくさん光っていました。漁火、灯台、防波堤の街灯…これぞ、『漁師町のイルミネーション』ですね!

波の音に耳を傾けながら、潮の香りを感じながら、綺麗な夕焼けを眺めながら、漁師町のイルミネーションを見ながら。そんなランニング時間を過ごしてみませんか?ピン!ときたら高浜町へ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です