ホーム » blog » 青葉山を制したものが、高浜町を制す。~青葉山登山・後編~

青葉山を制したものが、高浜町を制す。~青葉山登山・後編~

   |  | 2

青葉山の東峰に到着した一行は、しっかりと休憩した後、西峰に向かい登山を再開…。

こんにちは。ぼく、濱衛門(はまえもん)です。

東峰から西峰までは700mほどしかないのですが、けっこう道が険しいのです。

 



ロープで登り降りを繰り返し…

 

 

何か大きな動物でも出てきそうな岩穴があったり…

 

 

ものすごく急勾配な斜面を降りたり…

 



 

でも、それがまた楽しかったり…

ただただ山を登るだけでなく、このアドベンチャー的なアスレチック的な道中がものすごく楽しめました。

 

 

大師洞と呼ばれるスポットに到着。

その昔、泰澄大師の修行場だったと言われる岩室です。なにやらパワーを感じます。

 

 

濱衛門もパワーをいただきます。

この大師洞から20分ほどでしょうか…

 

 

西峰にも到着!!

登山口から約3時間かけて到着しました。

いやー、青葉山を制しました。高浜町のシンボルと言われる青葉山を制覇しました!

今ならハッキリ言えます。

「先生…バスケがしたいです」

 

いや、

 

「青葉山を制したものが、高浜町を制す!」

 

薄々お気づきの方もいらっしゃると思いますが、特に意味はありません。

なんとなくの雰囲気と、私がただただ言いたかっただけです。

 







 

西峰の山頂では若狭湾が一望できます。ザ・リアス式海岸ですね。

イブキジャコウソウというハーブもたくさん自生していました。

 

 

山頂では持参したコンロでお湯を沸かし、コーヒーを飲みました!

平日の登山でしたので、山頂も貸し切り状態。本当に優雅な時間を過ごすことができました。

 



 

さぁ、それでは下山の時間です。

 

下山は、来た道を戻るのではなく、京都府舞鶴市側に下山したいと思います。

福井県高浜町は福井県の最西端。京都府の舞鶴市と隣接しています。

高浜町と舞鶴市の境目に位置している青葉山ですので、舞鶴市側にも降りることができるのです。

 





 

下山序盤はのんびりと降りることができたのですが…

 

 

険しい…

 

 

険しい…

 

 

なんか危ない…(笑)

(当然、登山に安全が確保されることはないと思いますが)

 

 

道中、立派な立派な杉の木を発見しました。

青葉山で千年杉が発見されたという情報は聞いていましたが、どの杉が千年杉なのかわかりませんでした。

しかし、この木だけはオーラが格段に違いましたので、これが千年杉だろうと!(勝手に決めつけました)

 

ということで、無事に下山できた一行でした。

ホント高浜にはPLAY!できる場所がたくさんあります!

次回のPLAY!はどこか?お楽しみに~♪

 

 


青葉山を制したものが、高浜町を制す。~青葉山登山・後編~へ2件のフィードバックがあります。

  1. 投稿待ってました‼︎
    おしゃれキャンプから青葉山登山、楽しそうですね^_^

    女性の楽しむチカラは凄い‼︎

    高浜の魅力も満載ですね。

    次回の投稿も楽しみです(╹◡╹)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です