住民60人の地区にインバウンドの波が押し寄せる

 |  |  | 4

住民、約60人―――。

目の前に広がる日本海。すぐ後ろに広がる山々。

これぞ「田舎」という絵が『高浜町上瀬(うわせ)地区』にはある。

 

 

 

 

高浜町の中心地から自動車で約30分要する上瀬地区。

この上瀬地区に約4年前、Iターン(孫ターン)で移住し「地域おこし協力隊」として活躍してきた山本周作さん。

地域おこし協力隊としての「3年の任期」を終える直前、「古民家を活用した民泊をやりたい」と私たちに今後の目標を語ってくれたのが今から約1年前(2016年12月)。

現在、山本さんはどういった活動をされているのでしょうか。再度、山本さんを訪ねてみました。

 

<1年前の山本さんへのインタビュー記事はコチラ

 

 

農家民宿『四郎左衛門』をOPEN。

 

2017年3月、高浜町の地域おこし協力隊を卒業した山本さん。自宅の「はなれ」を活用した農家民宿をOPENしました。名前は、農家民宿『四郎左衛門』。山本家の屋号を民宿の名前にしました。

 

 

 

 

――農家民宿「四郎左衛門」をOPENして約半年となりますが、集客や運営などここまでどうでしょうか?

 

福井県の中でも端の端のド田舎の地区に、ホンマにお客さんが来てくれるかな?という不安も正直ありました。と言いますか不安が大きかったですが、実際にOPENしてからは想像以上のお客さんに泊まっていただいてます。

 

 

――想像以上と言うことは、「大繁盛」ということですか?         

 

いや、正直いいますと「繁盛している」というほどお客さんに来て頂いてるということはありません。想像以上と言いますのは、宿泊してくださるお客さんのほとんどが『外国の方』だということです。

 

 

――いわゆる、インバウンドの方々ということですね?

 

そうですね。ほとんどがインバウンドの方々です。京都や金沢にインバウンドのお客さんがたくさん来ているというのは有名な話ですが、京都から金沢へ移動する際に「中継地点」として『四郎左衛門』を選んで頂いてるみたいです。「京都→上瀬→金沢」みたいな(笑)

 

 

グローバルな上瀬地区。

 

――実際に、どの国や地域からの方が来られましたか?

 

アメリカ、ドイツ、オーストラリア、中国、香港、シンガポール、イスラエル……来月にはフランスからも来てくれます!

 

 

――すごいですね!高浜町にインバウンドの波が来るのはもう少し先なのかなと思っていましたが、もう来てたんですね!日本語が達者な方々なんですか?

 

いや、実際はそうでもないです。でも今の時代は「翻訳アプリ」などがあるので会話には苦労しません。

 

 

――なるほど。これだけたくさんの外国の方が来られると、上瀬地区の方々も驚いてるんではないですか?

 

はい、驚いてますね(笑)もともと「釣り」のお客さんはそこそこ来ていたので、外からのお客さんに対しては慣れてはいたのですが、外国人となると皆さん驚かれてます!逆にこちらが驚いたこともありました。

 

 

――-と、言いますと?

 

はい。宿泊される方は「田舎の雰囲気」が好きなので、よく散歩をされます。上瀬を散歩していろんなものを見るたびに「アメージング、アメージング」言うてます(笑)

で、何がアメージングだったかと言いますと、散歩中の外国の方と近所のおばちゃんが英語で会話してるんですよ!それがまた上手な英語で!あのおばちゃん英語しゃべれたんや!みたいなことがありまして。

 

 

――それは確かにアメージングですね(笑)やっぱり生の外国語を聴ける、喋る機会があるというのはいいですよね。お子様たちにとっても良い経験になっているのではありませんか?

 

それは間違いないです!中学生の長男が、学校で習った英語をお客さんに話して、伝わると喜んでます。「よし、今のは上手くいった!」って。

田舎は子育てにいいと思って上瀬に移住してきましたが、まさかこんな教育までできるとは思っていませんでした。本当にありがたいことですね!

 

 

農家民宿をする!という目標は達成。今後は?

 

 

 

 

――今後はどういった展開を考えていますか?

 

まずはしっかりと軌道に乗せたいです。まだまだ、民宿だけで食べていけているわけではありませんし。もっともっとたくさんの方に来て頂いて、高浜町、そして上瀬地区の魅力を堪能していってもらいたいです。高浜町の方でも上瀬に来たことないという方、多いですからね(笑)

 

 

――どういった方法で、魅力を伝えていきますか?

 

もっと体験系のメニューも増やしていきたいですね。私の父親が漁業権をもっているので、漁の体験とか、わかめ干しの体験とか。いろいろとクリアしないといけない課題も多いですけどね。

 

 

 

 

そうそう!船で少し沖へ行くと絶景スポットもあるんですよ。そこもたくさんの方を連れて行ってあげたいな~。

あと船を置いているそばに「船小屋」もあるんです。まだまだ人が住めるような状態ではありませんが、この船小屋も「はなれ」として活用できたらと考えています!

 

 

 

 

――ありがとうございました!今後の活躍も楽しみにしています!

 

 

約1年前に話を聞いたときよりも、山本さんの夢は具体的に、そしてより大きなものになっていました。今後の活躍が本当に楽しみです。

山本さん、お忙しい中ありがとうございました!

 

最後にお知らせです。

今回、インタビューにこたえて頂いた山本周作さんの暮らしがNHKで全国放送されます。

 

【番組タイトル】

夢実現!三世代9人 大家族の田舎暮らし

【番組概要】

3世代9人家族の山本さん一家の生活に密着し、日常生活や地域との交流の様子を映した内容となっています。

美しい海の町、高浜での暮らし。都会とはどこか違う“幸せ”のカタチとは?

【放送予定】

NHK総合
12月30日(土)午後7時30分~午後8時45分

【番組の詳細は】こちらでご確認ください↓↓↓

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92409/2409280/index.html

 

 

すごい!全国放送で75分の長時間放送。反響が楽しみですね!

 

 

 


住民60人の地区にインバウンドの波が押し寄せるへ4件のフィードバックがあります。

  1. 昨日のNHKの番組を見せて頂きました。麗しい暖かいご家族のオーラがしみじみと伝わってきました。最後のほうでおじいちゃんのバースデーのお祝いで次女のお孫さんが泣きながら感謝のことばを読んでいる時には、私たちも思わず、胸に込み上げるものがありました。妻と一度行ってみたいなーと話していたのですが、宿泊の申し込みの方法を教えて下さい。未だ、宿泊する日時は未定ですが、宜しくお願い致します。

    1. コメントありがとうございます。
      おじいちゃんのバースデーのシーン感動しましたね。
      農家民宿『四朗座衛門』への宿泊はAirbnbのサイトから
      予約が出来ます。こちらのURLからアクセスしてください!!
      https://www.airbnb.jp/rooms/19612546?checkin=&checkout=&adults=1&children=0&infants=0&location=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%9C%8C%E5%A4%A7%E9%A3%AF%E9%83%A1%E9%AB%98%E6%B5%9C%E7%94%BA&s=PovkBeiQ

  2. 1月2日のNHKの放送を拝見して、ほっこりさせて頂きました~!高浜とは隣町の舞鶴出身で、この両地を跨ぐ青葉山に登りに行きますので、寄らせて頂きたいなあ~と思いながら見させて頂きました~♪

    1. コメントありがとうございます!!青葉山をはじめ高浜町には様々な魅力があります。
      自然はもちろん、山本さんの様に頑張っている人も高浜町の大きな魅力だと思いますので
      機会があればぜひ、上瀬も訪れてみてください!!

コメントを残す