【プールよりも海で泳ぐことの良さ】

 

海水浴は、本来病気の治療や健康増進のためのものであったことはご存知ですか。海で泳ぐということが、ストレスやアレルギーに悩む現代人にうれしいメリットがたくさんあると言われているのです。

 

まず、プールは適温になっていますが、海は自然のままの冷たい水。冷たい水に入ることで、適度なストレスがかかり、身体の免疫システムを刺激するといわれています。また、男性なら男性らしいパワーを維持するホルモン、女性なら美や若々しさを保つホルモンであるエストロゲンの分泌量が増えるのだそうです。さらに、マグネシウムが豊富な海水に浸かることで、肌のハリが良くなるのだとか。海中の塩化カリウムなどの成分が肌を保護するので、乾癬などの皮膚病の回復を早めるということも判明されています。

 

また、子どものアレルギー性の湿疹にも効果があるということです。さらに花粉症による鼻水やむずむずを和らげたり、身体全体の血行を良くしたりといったこともよくいわれます。海の近くに住んで頻繁に泳ぐ人は、呼吸器系のトラブルが少ないという指摘もあるのだそうです。子どもたちにとっては、プールではできない体験が山盛り。魚はどれだけ早く泳ぐ?海の水はどれだけしょっぱい?濡れた砂の感触は?潮の香りは?波はどんな音?どれも海だからこそ知ることができる情報です。五感で感じる自然は、子どもたちの心を、ぐっと成長させます。


コメントを残す