秋冬も高浜を楽しもう!!近畿圏内から意外と近いサーフィンスポットTAKAHAMA

 

みなさんこんにちは!

PLAY TAKAHAMA オーシャン部門のYUKIKOです!

 

9月に入り雨や肌寒い日が続いていますね!

夏が終わった〜!(;□;)と悲しんでいるあなた。冬も海を楽しむために、「サーフィン」を始めてみませんか??

食欲の秋で運動不足になりがちですが、思い切って外の空気と海水に浸かってみませんか!?
冬に海水!?と思うかもしれませんが、そう、秋〜春の高浜は波が立って、全国でも有名なサーフィンスポットでもあるんです♪

2020年にはオリンピック種目にもなったサーフィン。今回は夏だけじゃない、これから始まる秋〜冬の高浜の海の魅力もお伝えしていきたいと思います♪

 

そもそもサーフィンってどんなものなの?

 

 

波に乗って自然に笑顔になれるサーフィン。

サーフィンは浮力のある板に乗って沖からくる波に乗るスポーツです。

元はハワイのローカルが平らな木の板で波乗り遊びを始め、それがカルフォルニアに伝わり世界中に広まったとされています。

実は日本に伝わったのは50年前ほどで世界と比べると歴史は浅いのですね!

海外のサーファーが湘南でサーフィンをしているのをみて、何だあれは!?とある芸能人がハマり、楽しさを発信した事で日本中に広まったと言われています。自分で波を掴んで波の勢いやリズムに合わせて風を感じながら乗るサーフィンの魅力はこの笑顔の通り楽しい!気持ちいい!最高!です♪

 

 

早速波乗り、、、の前に必ずルールを守りましょう!

 

 

自然を相手にするスポーツであるサーフィンは、時には命に関わる危険も隣り合わせています。どんなスポーツや運動をする時にも言えますが、先ずは自分の体調管理をしっかり行い、ルールを守って、みんなが楽しくサーフィン出来る環境を作りましょう。

  • 自分の体調を整えよう
  • 海にゴミは捨てない
  • 駐車場などその土地のルールも守ろう
  • サーフィンのルールを守って、気持ちいい挨拶をしよう

参考:知っておくべき!サーフィンのルール

サーフィンマガジン:https://www.surfersite.com/lesson/base-rule.html

 

初心者の人はまずは近くのサーフショップに相談してみましょう!

ちなみに高浜近辺のローカルルールはサーフショップホットスタイルや地元のサーファーが運営するSeastar、カフェファミリアに聞いてみましょう!

 

【高浜の有名なサーフポイント】

 

◆若狭和田海水浴場

 

 

遠浅で内湾になっているので比較的波が穏やかです。波打ち際は足のつくところで練習できるので初心者にはオススメのポイントです。

また、漁港側はまとまった綺麗な波が立つので、ロングボーダーにも人気です。もちろん透明度も抜群です。

※トイレあり,シャワー無し,(ビーチ真ん中の駐車場公衆トイレに水道あり)駐車場あり

 

◆キャンプ場前

 

 

地形が安定していて小波から胸〜頭サイズに上がる日もあるキャンプ場前。11月にはサーフィンの大会も行われているんです!

 

 

今年はSUPの大会も開催されるそうなので、ぜひ皆さん観戦または参戦してみましょう!

※キャンプ場駐車場にトイレあり,シャワーあり、駐車場あり

 

◆旧松風前

 

 

低気圧が来ると、沖からのうねりの影響を受けやすく波が立ちやすい場所です。爽快な日本海を一望できるのも癒されます。
初心者から上級者まで集まるこのポイントでは、前乗りなどルールに気をつけて波乗りを楽しみましょう。インサイドでも充分に波があるので初心者の人は沖まで無理して行かずにテイクオフの練習はインサイドで練習しましょう。

 

 

※トイレあり,シャワーパーキングにより有り,駐車場あり

 

◆城山

 

 

風の影響を受けにくく、波がまとまっているのでロングからショートまで楽しめます。2018年9月現在は地形が良くなったのかまとまった波が入りやすくなっています。

※トイレあり,シャワー無し,(駐車場公衆トイレに水道あり)駐車場あり

 

◆高浜メイン

高浜の国道沿いパスタ屋イルマーレの目の前にあるポイントです。

昔はSMAPの木村拓哉さんも通っていたそうです!が十数年前にテトラが入ってしまってからはテトラとテトラの間で波乗りを楽しめるようになりました。駐車場が限られているので、確認してから駐車するようにしましょう。

※トイレ無し,シャワー無し,駐車場あり

 

◆難波江

 

 

メローな波から爆波まで楽しめる難波江は多くの人に愛されるスポットです。ちょうど右側にある丘の始まりから波が割れ始め、遠浅のためインサイドギリギリまで波が続きます。

プロサーファーも練習のため利用する事が多いそうで、かっこよくて素晴らしい技術を目の当たりに出来る事も。

 


駐車場も広く、海の横幅も広いので、初心者から上級者まで楽しめます。より舞鶴に近いので、舞鶴東ICで降り、便利さから利用する人も多いです。

※脇坂公園の駐車場にトイレあり,駐車場によりシャワーあり,駐車場あり

 

◆奥難波江

 

 

難波江の奥になるポイントです。高浜のどこのポイントも爆波では入れないなぁという時はここを狙うのも良いでしょう。

※トイレ無し、駐車場によりシャワーあり、駐車場あり

 

サーフィンの魅力

実はサーフィンの魅力は人それぞれに感じていることなので一言では言い表すことが出来ないくらい奥が深いです。それを踏まえて、YUKIKOが思うサーフィンの魅力をいくつかご紹介します!

 

チャレンジと失敗の繰り返しの先の爽快感

 

 

初めから板の上にかっこよく乗れる人はいません。初めてのサーフィンでは板に立てない人もいますし、何回も失敗を繰り返してようやくかっこよくシューっと乗れるようになります。同じ波は二度と来ないので簡単じゃないからこそ、乗れた時の達成感と爽快感はたまりません!そして、乗れなかった時の悔しい!もっと上手くなりたい!という気持ちが「またサーフィンしたい!」という気持ちにさせてくれます。まさに海から与えられる飴と鞭ですね。笑

 

朝日や夕日、そして虹、、、自然を感じることができる

 

 

波がある日は日の出から夕日まで一日サーフィンを楽しむことが出来ます。特に高浜の海は水質が最高なので晴れて波も良くて透明な青い海でサーフィンをする時は最高に笑顔になれます。

美しい朝日を浴びて波乗りする時、雨上がりにかかる虹を見ながらするサーフィン、焼けるような真っ赤な夕日を見て一日の終わりを海で噛みしめるサーフィン、もちろん、大きな波を攻略できずに自然の偉大さを感じて涙ながらに海を後にする日もありますが。。。笑

どの瞬間もただただ美しく、本当に心がすっきりとします。

 

海好きな仲間と世界中で繋がれる

 

 

サーフィン上がりに今日はこんな技ができた、あの波は最高だった、、、と言いながら仲間と食べるご飯は最高です。そして今や世界中と繋がることが出来るSNSを通じて、海外のサーファーや世界の海の様子を知ることが出来ます。海は世界と繋がっているので同じ海好きのサーファーや美しい波の立つビーチを見て、実際にその土地を訪れたり、サーフトリップに行ったりすることで知らない世界が広がります。旅先のサーファーと友達になることでも波情報を交換したり、色々な生き方が学べます。海と共に生きている人は実に様々な人生を歩んでいます。海の広さと共に色々な人生観を学べるのもサーフィンの魅力です。

 

自然と一体になれるサーフィンは素晴らしいですが、秋〜冬の気候は変わりやすくいきなり吹雪いたり波が高くなったりします。初心者やベテランに関わらず海に入る時は必ず天気予報や自分の体調と相談して無理なく楽しみましょうね!

 

 

それでは、これからの季節も高浜でお待ちしています〜!!


コメントを残す