1/15の純情な感情~そんな感じの歌もありましたね~

 |  |  | 0

みなさん、おはこんばんちわ。

 

平成の始まりに生れ落ち、終わりまで駆け抜けている男、まつゆうです。

 

早いことでもう2019年。

わたしも高浜町にきてはや2年が経ち、人生の1/15を高浜で過ごしてまいりました。

 

そんな平成の申し子(自称)が、この2年間に対する感謝の気持ちを込めて

町一番のお気に入りスポットである若狭和田ビーチを紹介する記事、

 

「1/15の純情な感情~そんな感じの歌もありましたね~」

 

こちらを今回お送りしたいと思います!!

 

 

わたしが高浜に移住する前から若狭和田ビーチには何度かお邪魔させていただいていましたが、

はじめて見た瞬間からこの海に惚れてしまいました。

 

それはこの

 

「最高のロケーション」

 

 

 

 

これにつきます。

 

 

白い砂浜に透明度の高い海、近くに浮かぶ葉積島、遠くに臨むは青葉山

生まれは富山ですが、ずっと太平洋側でライフセービング活動してきた身としては、

「北陸にこんな場所があったのか!」と衝撃を受けました。

 

そして何よりもこの景色で好きなのが夕焼けの時間です。

 

 

 

 

ふつくしい...

 

 

おまけにこの夕焼け、日によって色々な姿を見せてくれます。

 

 

 

 

時には燃えるような真っ赤な空に

 

 

 

 

時にはダイヤモンド富士のごとく

 

 

 

 

時には昼と夜の境目を

 

 

 

 

時には壮大なスペクタクル的風景を!

 

 

 

 

(場合によっては雪原になります)

 

 

365日、春夏秋冬さまざまな景色で楽しませてくれます。

 

こんな景色を拝める場所は、世界広しといえども唯一無二だと思います!!

 

 

そしてこのビーチを歩いていると、必ず目につくものがあります。

 

 

 

 

そう、貝殻です。

 

ここ若狭和田ビーチは多種多様、かつ美しい貝殻がよく打ちあがってきます。

そしてこれらの貝殻が細かく砕かれ、砂の一部となることで、白く美しいビーチを形成しているのです。

 

そんなビーチには、驚くほど多種多様な生物が生息しています。

 

 

 

 

こんなものや(ウミウシ)

 

 

 

 

こんなものまで(イルカ)

 

 

 

 

時にはこんなものも!(※右側ではありません)

 

 

もちろんイルカやサケガシラなどは外洋から来たものになりますが、

浅瀬にはヒラメやカレイ、ウシノシタなどの稚魚やカニなどの生物も生息しており、

ふだん皆さんが海水浴で楽しんでいる場所だけでも、およそ50種類以上の生き物が住んでいます。

 

「浅瀬で魚なんて見たことない」と思っていたあなた、ぜひ注意深く観察してみて、

多種多様な生き物たちを見つけてみてください。

 

 

そして、若狭和田ビーチで欠かせない存在といえば彼らでしょう。

 

若狭和田ライフセービングクラブの皆さんです。

 

 

 

 

夏の海水浴場の期間中、来てくれたお客さんに笑顔で楽しんでもらうために、

浜茶屋さんや日赤の皆さんと連携して、海の安全を守っています。

 

ライフセービング活動は屈強な肉体も、バリバリ泳げることが必要でもありません。

大切な人を守るために、「誰でも出来る」活動です。

 

年齢も性別も関係ありません。

 

泳げなくても出来ることはたくさんあります。

 

 

もちろん、時には楽しみながら、

 

 

 

 

時には大会に出て切磋琢磨しながら

 

 

 

 

皆さん、思い思いにライフセービング活動に参加されています。

 

もし、あなたも

 

「大切な人を守りたい」

 

「誰かの笑顔を守りたい」

 

 

そんな熱い思いを胸に秘めていたら、ぜひ一緒に活動しましょう!!

 

※下記HPより詳細が掲載されています、お気軽にお問合せください。

「若狭和田ライフセービングクラブ ホームページ」

http://wakasawadalsc.com/

 

 

 

しかし、現実問題として大きな課題にも直面しています。

 

 

年々世界的に深刻化する海ごみ問題や

 

 

 

 

全国的な海水浴客の減少による海水浴場の衰退など

 

 

 

 

地元の方々は考えました。

 

「問題を解決して海をもっと盛り上げたい!」

 

「100年後も綺麗な海を子ども達に残していきたい」

 

 

そのために取得したのが、

国際環境認証「ブルーフラッグ」なのです。

 

 

 

 

しかし、ブルーフラッグを取得したといっても

問題解決にはまだまだほど遠く、課題が山積みな現状です。

ですが、その分これからもっとよくなっていくことが出来ると思います。

 

無論、若狭和田ビーチだけでなく、高浜に存在する他の7つのビーチや、

それに留まらず日本全国のビーチに若狭和田ビーチの取り組みを発信し、

皆が笑顔になれるビーチが拡がっていければと思います。

 

そのためには、まだまだ協力してくれる人が足りません。

 

未来の美しい海を子ども達に残すために、

 

 

 

 

皆が笑顔になるために、

 

 

 

 

もしよろしれば、あなたの力を貸してください。

そしていっしょに美しい海を100年後まで残し、盛り上げていきましょう!

 

 

皆さんの、そしてあなたのご協力をお待ちしています。

 

 

 


コメントを残す